ページの先頭です

三つ叉の楠みつまたのくす

一本の幹から三本の枝が出ている

一本の幹から三本の枝が出ている

一本の幹から三本の枝が出ている
一本の幹から三本の枝が出て

対象物の特徴・来歴等

中村輪中堤の西条あたりに三つ叉になった珍しい形の大きな楠の木があります。
幹は幹周10㎝以上の巨樹から1m以下のものまで存在する。単木ではこんもりとした樹形をなす。各部全体から樟脳の香りがする。防虫剤や医薬品等に使用される。

詳細情報

場所 輪之内町輪中堤
連絡先

TEL:
FAX:

所有者
製作年代
撮影日 2011年4月4日  経度 35.30773599636549 
調査年月日   緯度 136.65130198001861 
プリントする

名称、住所から検索

  • 輪之内スイーツ リゾットジェラート
  • 輪之内町
  • 輪之内商工会

輪中のまち輪之内町

水郷地帯の岐阜県輪之内町。
輪中に位置するこの町は、昔から 川の氾濫をくり返し、生命、家屋、農地等を奪いつつも、水害から身を守るため 様々な治水事業を行ってきました。
中でも宝暦年間に行われた治水事業は、輪之内町のの歴史上大変重要であり、今の輪之内を形づくっています。 輪之内町内には薩摩藩の功績をたたえた史跡や、水と戦ってきた数々の知恵が今も生きています。