ページの先頭です

堤防の修築に私有地を提供した 渡邊勘四郎ていぼうのしゅうちくにしゆうちをていきょうしたわたなべかんしろう

太神宮に建つ『渡邊勘四郎』功績碑

太神宮に建つ『渡邊勘四郎』功績碑

太神宮に建つ『渡邊勘四郎』功績碑
太神宮に建つ『渡邊勘四郎』
水神神社(太神宮)
水神神社(太神宮)

対象物の特徴・来歴等

 渡邊勘四郎は、天保2年6月25日大藪に生まれた。
庄屋に務めていたが、維新後大藪村の戸長になった。
治水に力を入れ、大榑川・長良川の堤防の修築には私有地を提供した。明治8年政府は税制革命を行い、官有地・私有地の地税区分をしたが、堤防のために提供した土地の税を減されなかったので、彼は増築した敷地は当然民有地であるとしばしば陳情した。政府はついに民有地であることを認めた。大榑川の廃川・長良川の改修による廃堤によって、一万余坪のこの土地は大藪区有のものとなった。
 渡邊勘四郎の功績をたたえ、大藪の水神神社(太神宮)に『渡邊勘四郎功績碑』がある。
功績碑がある水神神社(太神宮)の事は、輪中文化財(神社)で紹介してます。

参考文敵:輪之内町史

詳細情報

場所 輪之内町大薮
連絡先

TEL:
FAX:

所有者
製作年代 天保2年6月25日~明治35年9月21日 享年72歳
撮影日 2012年1月24日  経度 35.29398889889102 
調査年月日   緯度 136.6667890548706 
プリントする

名称、住所から検索

  • 輪之内スイーツ リゾットジェラート
  • 輪之内町
  • 輪之内商工会

輪中のまち輪之内町

水郷地帯の岐阜県輪之内町。
輪中に位置するこの町は、昔から 川の氾濫をくり返し、生命、家屋、農地等を奪いつつも、水害から身を守るため 様々な治水事業を行ってきました。
中でも宝暦年間に行われた治水事業は、輪之内町のの歴史上大変重要であり、今の輪之内を形づくっています。 輪之内町内には薩摩藩の功績をたたえた史跡や、水と戦ってきた数々の知恵が今も生きています。