ページの先頭です

宝篋印塔の塔身(願正寺 薬師堂)ほうきょういんとうのとうしん

塔身

塔身

塔身
塔身
願正寺にある薬師堂
願正寺にある薬師堂
中の様子
中の様子
塔身側面1
塔身側面1
塔身側面2
塔身側面2

対象物の特徴・来歴等

願正寺薬師堂の宝物のひとつ。
薬師堂の創建年代の古さを証明する発見が、昭和30年代初頭に、地内の畑から出土した。それは、宝筐印塔の塔身であった。
組横の長さ12.1cm 高さ11.8cm 上下に長さ2cmの突起が
ある。さいころの3面に直径9.3cmの円がほられ中に 梵子と
「為薬師寺開山椿公大年所奉造立地 貞治四年乙巳、4月二四日」が刻まれている。

 願正寺は、輪中文化財(信仰)の中で紹介してます。

詳細情報

場所 輪之内町中郷477 願正寺
連絡先

0584-69-2679

所有者 河合 茂
製作年代 貞治4年(1365年頃)
撮影日 2011年3月28日  経度 35.29822163386102 
調査年月日 2011年3月28日  緯度 136.64163798093796 
プリントする

名称、住所から検索

  • 輪之内スイーツ リゾットジェラート
  • 輪之内町
  • 輪之内商工会

輪中のまち輪之内町

水郷地帯の岐阜県輪之内町。
輪中に位置するこの町は、昔から 川の氾濫をくり返し、生命、家屋、農地等を奪いつつも、水害から身を守るため 様々な治水事業を行ってきました。
中でも宝暦年間に行われた治水事業は、輪之内町のの歴史上大変重要であり、今の輪之内を形づくっています。 輪之内町内には薩摩藩の功績をたたえた史跡や、水と戦ってきた数々の知恵が今も生きています。