ページの先頭です

ヒトツバタゴ(別名 ナンジャモンジャ)ひとつばたご(なんじゃもんじゃ)

ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)

ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)

ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)
ヒトツバタゴ(ナンジャモン

対象物の特徴・来歴等

 輪之内中学校の憩いの森にあるヒトツバタゴ。モクセイ科の落葉高木。「ナンジャモンジャ」の別名で知られ、5月頃になると、雪のような白い花をつける。
 日本において本種は希少種のひとつであり、絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。天然での分布域も狭く、長野県、愛知県の木曽川流域、岐阜県および長野県対馬市に自生しているが、輪之内中学校のナンジャモンジャも見事な花を咲かせる。

詳細情報

場所 輪之内中学校
連絡先

TEL:
FAX:

所有者
製作年代
撮影日   経度 35.28302457168907 
調査年月日   緯度 136.6374135017395 
プリントする

名称、住所から検索

  • 輪之内スイーツ リゾットジェラート
  • 輪之内町
  • 輪之内商工会

輪中のまち輪之内町

水郷地帯の岐阜県輪之内町。
輪中に位置するこの町は、昔から 川の氾濫をくり返し、生命、家屋、農地等を奪いつつも、水害から身を守るため 様々な治水事業を行ってきました。
中でも宝暦年間に行われた治水事業は、輪之内町のの歴史上大変重要であり、今の輪之内を形づくっています。 輪之内町内には薩摩藩の功績をたたえた史跡や、水と戦ってきた数々の知恵が今も生きています。