ページの先頭です

列状集落れつじょうしゅうらく

福束大橋より北に並ぶ列状集落

福束大橋より北に並ぶ列状集落

福束大橋より北に並ぶ列状集落
福束大橋より北に並ぶ列状集
橋の上から見た風景
橋の上から見た風景
堤防から列状集落を見る
堤防から列状集落を見る

対象物の特徴・来歴等

 福束大橋をはさんで、南北に延びる住宅地。
 明治時代の20年代から40年代にかけて、木曽三川分流工事の一環として、揖斐川の流れを真っ直ぐにするために、堤外にあった240戸のうちの150戸が、強制的に移転対象になり、堤防の下にに沿って宅地を造りました。
 南向きに住宅が並んでいることから列状集落と呼ばれます。

詳細情報

場所 福束一帯
連絡先

TEL:
FAX:

所有者
製作年代 明治20年~明治44年
撮影日 2011年8月10日  経度 35.29641451187604 
調査年月日 2011年8月10日  緯度 136.62180304527283 
プリントする

名称、住所から検索

  • 輪之内スイーツ リゾットジェラート
  • 輪之内町
  • 輪之内商工会

輪中のまち輪之内町

水郷地帯の岐阜県輪之内町。
輪中に位置するこの町は、昔から 川の氾濫をくり返し、生命、家屋、農地等を奪いつつも、水害から身を守るため 様々な治水事業を行ってきました。
中でも宝暦年間に行われた治水事業は、輪之内町のの歴史上大変重要であり、今の輪之内を形づくっています。 輪之内町内には薩摩藩の功績をたたえた史跡や、水と戦ってきた数々の知恵が今も生きています。