ページの先頭です

大吉新田の神明神社おおよししんでんのしんめいじんじゃ

正面の鳥居と社号標

正面の鳥居と社号標

正面の鳥居と社号標
正面の鳥居と社号標
神明神社本殿
神明神社本殿
常夜燈
常夜燈

対象物の特徴・来歴等

大吉新田の中央にあり、田んぼに囲まれた神明神社。大吉新田の開拓者山内氏他12名が願主となり、寬文10年創建。主祭神『天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)』を祭る。
 山内氏の守護神を祀ったものと伝えられている。昭和初年神社改築のさい、御神体を山内家に預けた。御神体は、開墾当時の土地の事情を物語る『太い葦の茎』と言われている。
 神明神社の社殿に残る創建時の棟札に、開拓者及び入作者12名(小池・神田・三輪・加藤・大橋・鈴木・中野・里宮・菱田・堀田・中島・山本)が願主として記されており、開発をうらづける具体的史料として貴重である。 
本殿の左側には『常夜燈』と祠がある。

資料文敵:輪之内町史

詳細情報

場所 輪之内町大吉新田730-1
連絡先

TEL:
FAX:

所有者
製作年代 寬文10年(1670)創建
撮影日 2012年1月16日  経度 35.27141057410734 
調査年月日   緯度 136.61692142486572 
プリントする

名称、住所から検索

  • 輪之内スイーツ リゾットジェラート
  • 輪之内町
  • 輪之内商工会

輪中のまち輪之内町

水郷地帯の岐阜県輪之内町。
輪中に位置するこの町は、昔から 川の氾濫をくり返し、生命、家屋、農地等を奪いつつも、水害から身を守るため 様々な治水事業を行ってきました。
中でも宝暦年間に行われた治水事業は、輪之内町のの歴史上大変重要であり、今の輪之内を形づくっています。 輪之内町内には薩摩藩の功績をたたえた史跡や、水と戦ってきた数々の知恵が今も生きています。