ページの先頭です

神明神社の椋の木しんめいじんじゃのむくのき

境内に堂々と枝を張る椋の木

境内に堂々と枝を張る椋の木

境内に堂々と枝を張る椋の木
境内に堂々と枝を張る椋の木
四郷の神明神社
四郷の神明神社

対象物の特徴・来歴等

 四郷の神明神社には、昔は、椋、松、杉、桧の自生林があり、老大樹がうっそうと茂っていたが、昭和34年9月の伊勢湾台風によって根こそぎ痛めつけられ、その後、年を追って数多くの樹々が枯死していった。
 現在残っているのは、唯一、樹齢500年といわれる目通り5メートルの椋の大樹だけだある。
(町指定 天然記念物 昭和32年9月3日)

むくの木がある四郷の神明神社は、輪中文化財(信仰)・神明神社の由来を、民話『流れてきた神様 神明神社』で紹介してます。

詳細情報

場所 輪之内町四郷
連絡先

TEL:
FAX:

所有者
製作年代 樹齢500年(江戸時代)
撮影日 2012年3月31日  経度 35.28917686305111 
調査年月日   緯度 136.6523802280426 
プリントする

名称、住所から検索

  • 輪之内スイーツ リゾットジェラート
  • 輪之内町
  • 輪之内商工会

輪中のまち輪之内町

水郷地帯の岐阜県輪之内町。
輪中に位置するこの町は、昔から 川の氾濫をくり返し、生命、家屋、農地等を奪いつつも、水害から身を守るため 様々な治水事業を行ってきました。
中でも宝暦年間に行われた治水事業は、輪之内町のの歴史上大変重要であり、今の輪之内を形づくっています。 輪之内町内には薩摩藩の功績をたたえた史跡や、水と戦ってきた数々の知恵が今も生きています。