ページの先頭です

七墓地蔵ななはかじぞう

七墓地蔵

七墓地蔵

七墓地蔵
ふくよかな微笑みの地蔵様
ふくよかな微笑みの地蔵様
益法寺山門脇にあるお堂

対象物の特徴・来歴等

里の益法寺の山門脇にあるお堂の中に、明治29年4月建立の90㎝位の地蔵が入っている。それが七墓地蔵である。
 村の有志7人で七墓連中というグループを作り、家々をまわり念仏回向をし、頂いたお金で建てた地蔵です。明治40年頃から、毎年9月24日に地蔵祭が行われます。7個の大堤燈・30個の紅堤燈・108個の白堤燈をつけて読経供養する祭りです。

参考文敵:わのうち百話

詳細情報

場所 輪之内町里(益法寺の門前)
連絡先

TEL:
FAX:

所有者
製作年代 明治29年4月建立
撮影日 2011年8月10日  経度 35.302391761354926 
調査年月日 2012年3月19日  緯度 136.63590610027313 
プリントする

名称、住所から検索

  • 輪之内スイーツ リゾットジェラート
  • 輪之内町
  • 輪之内商工会

輪中のまち輪之内町

水郷地帯の岐阜県輪之内町。
輪中に位置するこの町は、昔から 川の氾濫をくり返し、生命、家屋、農地等を奪いつつも、水害から身を守るため 様々な治水事業を行ってきました。
中でも宝暦年間に行われた治水事業は、輪之内町のの歴史上大変重要であり、今の輪之内を形づくっています。 輪之内町内には薩摩藩の功績をたたえた史跡や、水と戦ってきた数々の知恵が今も生きています。